スロッカスの休憩所 ~パチスロ・パチンコまとめ~

スロカス・パチンカスのためのブログとなっております。主にパチスロット・パチンコのまとめ、新台情報、攻略などを取り扱っております。スロッカスの休憩所、略してスロ休(すろきゅう)。

常勝理論

    このエントリーをはてなブックマークに追加
①高設定をぶん回す

これに尽きるんです。
というかこれしかありません。
ですが時間を見てまわしましょう。
ART・AT機などは高設定でも閉店1時間半前には
しっかりやめるようにしてます。
(連チャンしてたらぶんまわしましょう)


②設定判別要素をしっかり覚える

小役の確率やCZの突入率など・・・
ジャグラーの場合
→RB確率1/250以下 ブドウ確率
しっかり頭に入れて実践に挑みましょう。
設定判別要素なんて検索すれば一発です。


③アプリなどで高設定の挙動を見る

自分はこれを実践しています(アプリ化されているもののみ)
実機とアプリは違うのは分かっていますが
打たないよりはまし、挙動はある程度わかる、
なので俺はこれを実践しています。 


④得意な台を見つける

自分だったらハナビになります。
得意(好き)な台だったら打ちなれてますよね。
「高設定っぽいなー」とある程度思ったりできますよね。
自分の打ちなれた台じゃない場合、
「わからないなぁ、もっとツッパってみよ」 
こういう思考になったりしませんか?
なので得意な台、好きな台を見つけましょう。


⑤やめる時はしっかりやめる

ジャグラーだったら
「100Gまではジャグ連だから・・・」
みたいな考えです。
ただのオカルトになります。
回したい気持ちはわかりますがヤメるなら
AT・ART機の場合
→AT・ART終了後の高確だけ回してヤメ
ノーマルタイプの場合
→0Gヤメ

これを徹底するとよいでしょう。


⑥履歴に惑わされるな

ART・ATの継続率タイプのものは
継続するたびに大当たり回数に加算されていきます。
高設定は継続率優遇!とかの台ならいいんですが
大体は高設定は初当たり優遇!なのです。
なので履歴で回数がたくさんついていても
初当たりとは限りませんので
十分注意してください。
コツは大体一粒のグラフで0~100Gなので
ふた粒のグラフは初当たりと思って履歴をみるとよいでしょう。





パチンコは釘を見ればある程度の回転数がわかります。
(自分はわかりません)
パチスロのノーマルタイプならBB・RB合算を計算して
設定推測を、打つ前に予想することができますが、
今の主流と言えばAT・ARTなのです。
そのような台は回数がついていても
運よくがAT継続しているだけなど
正直、打ってみないとわからないものが多いです。
(大体はCZ突入率などに設定差がある)
なので、他の客が打っている台の挙動を見るのもいいでしょう。
とりあえず、AT・ART機を打つなら
低設定と感じたらすぐにやめる!
ずるずるひっぱられると大きな金額を失うでしょう。
でも正直難しいです、設定の高低が分かる頃には
大勝、大敗の二択が多い気がしますので・・・
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
負け組みから脱出するための常勝理論(勝ち方・勝率UP)です。
自分的な意見もいれてまとめてみました。

このページのトップヘ