①回る台を打つ(ボーダー理論)

これに尽きます。
ボーダーを上回る台(ボーダーは解析サイトなどに載っています)
を長時間打ち続けることに尽きます。

1000円で20回抽選を受けられる台と
1000円で18回抽選を受けられる台があるとします。
もちろん20回抽選を受けられる台のほうがお得ですよね?
10000円使うときには20回の差がでるということです。

②長期的に見る

「ボーダー以上回ってたのに負けたー・・・」
「回る台でも勝てないやん・・・」
そりゃそうです、回る台でも負ける時なんていくらでもあります。
でも考えてみてください、もし1週間3000G縛りでボーダー+2の台を打ち続けたとします。

実践台 真・花の慶次 3000G
4円等価の時の
①ボーダー (17.7回/1000円)
②ボーダー+2 (19.7/1000円)

まず1日でこれだけの投資額の差がでます
①169500円
②152300円

なんと17200円

これを1週間変わらず回し続けると・・・
①1186500円
②1066100円

120400円の差がでます・・・
もちろん投資額が少なくすむほど勝ち額が大きくなりますよね。
収支にも大きくつながります。

要するに、回る台でその日に負けてしまったとしても
長い目で見れば今日はちゃんと勝負できたと考えられると思うんです。
てか、その台の回転率が-2とかだったらもっと負けてたということです。

③ハマリは仕方がない

今のMAXタイプなんて初当たり1/400ですよ?

想像してみてください。
400個の玉があります、1個だけ当たりの玉があります。
引ける自信ありますか?俺はあんまりないです・・・
1000回引いても当たりの玉が引けない確率は・・・

8.18%

もあるわけなんです・・・ 
12人に 一人は1000Gパチンコではまるというわけです。
それが自分に訪れてしまったとしても
ぐぬぬ・・・と我慢しましょう。
回る台を打ち続ければいつか芽がでて花が咲くでしょう。

④釘を見極める 

といいますが・・・プロでもない限り釘なんて見極められないでしょうね・・・
そりゃ、素人のかたでも勉強して見極められるというかたもいますでしょう。
でも、自分は勉強しましたが・・・
「おっ、これまわるんじゃね?」→回らない
が日常茶飯事でした。
見極めるのが下手なんでしょうね・・・w
だから自分はとりあえずヘソと風車上の釘だけみますね。
ヘソが開いていて風車上が右に向いている。
最初はこれだけでいいと思うんです。 
でも、一番確実なのが・・・
1000円でも打ってみる
これに尽きると思います・・・(1000円じゃわかりませんが・・・)
まぁ、釘の読み方などは検索でもしてみてください・・・w 

⑤谷村信者(オカルト信者)になるな

まぁ、よくもあんな馬鹿げたパチンコ漫画描き続けられるなと・・・
あんなん全部デタラメです、信じないでください。
最初の頃、谷村漫画を見て信じ込んで負けてしまう、あるでしょう。
最初は自分もそうでした。
勉強をした結果、谷村はただのダニ村でした。 
オスイチオスイチ言っているのは
ただのオカルトおっさんの寝言、妄想です。 


まとめ

結局パチンコというものは昔と変わらず
①釘がよくて
②回る台を
③長期的に打つ

これに限るんですよね。
回る台ではまってしまっても
「回らない台やったらもっと投資額がいっていたんや・・・」
と自分を押さえ込んでください。
長い目で見ればあなたに神は降りてくるでしょう・・・